タオルの臭いが酷い・・・!って思う時はありませんか?

私はあります!

解消されるまではかなり苦しみました・・・

そんな訳で今日はタオルの臭いの原因と取り方を解説します!

重曹や熱湯が効果的と言われている巷の説についても検証しました!

Sponsored Link

 

タオルの臭いが酷い原因は?

天気のいい日に思いっきりお洗濯、気持ちがいいですよね。

洗い立てのタオルでお風呂上りの体を拭くと、身も心もさっぱりするはず・・・なのになぜかタオルが臭くて酷くてげんなりした経験、ありませんか?

実はそのタオル独特の酷い臭い、原因は細菌の繁殖にありました。

タオルから臭う雑巾のような嫌な臭い、それはモラクセラ菌が繁殖している証拠です。

タオルの臭いが酷い原因は?

あまり聞き慣れない細菌の名前ですが、人間の体にもくっついている細菌なのだそうです。

決して人体に悪影響をおよぼすような細菌ではなく、上手に動物の体と共存している細菌の一種がモラクセラ菌。

このモラクセラ菌だけでは臭いを発しないのですが、湿気などをエサにして成長し増殖していくなかで臭いの原因となる物質を分泌し出すといわれています。

特にバスタオルやハンドタオルは、人の汗に触れやすいですよね。

 

人の体についていたモラクセラ菌がタオルに移って、湿気をエサにしてどんどん増殖をするから、タオルはどんどんイヤな臭いになっていってしまうというメカニズムなのです。

つまり、タオルの湿っている時間が長ければ長いほど、臭いは強くなっていきます。

例えば洗濯機自体を洗濯カゴのように使っている、バスタオルを洗濯カゴに入れっぱなしにして数日間放置、これらは細菌が繁殖しやすい環境です。

つまり・・・ヤバイ!っていう状況ですね。

これ私の状況です(笑)

 

タオルの臭いの取り方を解説!

タオルの臭いは重曹で取れる?

そんなタオルの酷い臭いを取るためには、殺菌して細菌の繁殖を防ぐことが一番です。

では、お掃除で大活躍する重曹をタオルの洗濯に活用してみるなんてどうでしょうか。

結論は、と言いますと重曹をタオルの臭い取りに使うのはあまり効果的だとは言えません。

なぜなら、重曹自体に殺菌効果が無いから。

重曹がお掃除で役に立っているのは「酸性」の汚れを「アルカリ性」で溶かして洗い流しているのです。

重曹が活躍するのは主に水回りの汚れ落としであり、タオルの臭い原因である細菌を洗い流すことはできないでしょう。

私は重曹でタオルの酷い臭いがとれると思っていた人間なので、コレにはびっくりです。

重曹信者って年配世代を中心にわりと多い気がしますが、こればっかりは重曹も対応できなかったようですね。

 

タオルの臭いは熱湯で取れる?

では、タオルを熱湯で消毒してみれば臭いは取れるのでしょうか。

実はこの熱湯でのタオルの臭い取り、実践している方が多いのです。

タオルの臭いは熱湯で取れるんです!

つまり熱湯を使ったタオルの臭い取りは大正解というわけ。

「沸騰したお湯にタオルを10分程度つけてから洗濯する」という方法が効果的なのだそうです。

なるほど、湿気で繁殖してしまった細菌を熱湯で煮沸消毒してから洗濯機に入れてしまえばきれいさっぱり洗いあげることができるのですね。

この臭いの取り方ならお金もかかりませんし、是非やってみてくださいね!

 

タオルの臭いは漂白剤で取れる?

さて、お洗濯で忘れてはいけないのが「漂白剤」です。

洗濯物のシミや臭いが気になったら、とりあえず漂白剤に漬けておくという方は多いでしょう。

ただ、漂白剤はしみ抜き、汚れたものを白くする効果が高いアイテム。

ですから、漂白剤だけでタオルを殺菌するにはちょっと物足りないというのが正直なところなのです。

つまりタオルの酷い臭いの取り方としては漂白剤はあまり効果的ではない・・・

Sponsored Link

しかも漂白剤は色落ちしてしまうというデメリットもあるので、タオルの臭い取りにはあまり効果的な方法ではなさそうですね。

ですが、熱湯と漂白剤を組み合わせて使うと、絶大な臭い取りの効果を発揮します。

ちょっとぬるめのお湯に漂白剤を混ぜてタオルをつけておくと、見た目もキレイに、臭いもさっぱり落とすことができるため、合わせ技で活用している主婦が多いんですよ。

色や柄があまり入っていないシンプルなタオルには漂白剤とお湯で臭いを取ることができそうです。

 

タオルの臭いは乾燥機で取れる?

最後に「乾燥機」でタオルの臭いが取れるか考えてみましょう。

乾燥機はタオルの臭いの取り方として効果的か?

結論から言うと、乾燥機にかければタオルの臭いが取れるというわけではありません。

タオルが臭うのは細菌の仕業、だから殺菌をしなかれば臭いは消えないのです。

確かに、湿気で細菌は増殖してしまいます。

天気の悪い日にささっと洗濯物を乾燥機で乾かせば細菌は増殖しにくいはずですよね。

ですが、タオルにもともと細菌が増殖してしまっているのであれば、どんなに乾燥機で乾かしても臭いは消えません。

タオルの臭いを消すためにはまず殺菌することがポイントなのです。

熱湯や漂白剤を活用して、乾燥機で洗濯物を乾かせば、殺菌できて細菌も増殖しにくくなりますね。

タオルの臭いの取り方のポイントは殺菌と菌を増殖させない環境づくりが大切だと覚えておきましょう。

Sponsored Link