いよいよカジノ法案が可決される見通しが立ってきましたね。

ここでは「カジノ法案とはそもそも何なのか?どんな内容なのか?」という素朴な疑問についてわかりやすく解説していきたいと思います。

カジノ施設が出来るとした場合のその候補地にも言及していきますね。

スポンサーリンク

カジノ法案とは何か?内容をわかりやすく解説!

カジノ法案とは何か?内容をわかりやすく!

「カジノ法案」は正式名称を「IR推進法案」と言います。(このページでは今後「カジノ法案」という呼び方で統一します。)

カジノ法案の内容に入る前に前提条件を確認しておきましょう。

カジノ法案とは何か?内容をわかりやすく!

まず、現在日本ではカジノは違法です。(刑法で「賭博罪」として禁止されています。)

カジノが違法で、パチンコや競馬、競艇、宝くじが合法なのはおかしいし意味がわからない!という人もいると思いますが、僕も同じ気持ちです。

そこは異論を唱えても始まらないので、一旦置いておいて、とにかく現在の日本ではカジノが違法だという事を抑えておいて下さい。

 

次にIRとは何かという事についてですが、IRとはフルスペルで書くならば「Integrated Resor」となり、日本語に訳すならば「統合型リゾート」となります。

IR=統合型リゾートとは「カジノ等の娯楽施設、飲食施設、宿泊施設などが合わさったエンターテインメント施設」です。

 

ここまで抑えた方ならピンと来ますよね?

カジノ法案とは

「IR施設(統合型リゾート)を合法化する事で、カジノを日本でも合法にする!」

という事を目指す内容の法案なのです。

 

カジノ法案のメリット

経済的効果

カジノ法案のメリットですが、何と言っても経済的効果でしょう。

儲かるんですよ、カジノは!

 

カジノと言えばラスベガスやマカオが有名ですがそれ以外にも色々な国にあり、莫大な利益を挙げています。

カジノの胴元は負けないっていうのは格言ですからね。

カジノが日本に出来ればその運営会社は莫大な利益をあげるでしょうし、税収という面からも日本に貢献するでしょう。

カジノ法案のメリット

また、カジノ法案はIR施設を合法化するものですが、カジノを作るとなると経済的に色々な動きが出ますよね?

まずカジノ施設の建物や駐車場を作りますから建設業が潤う。

IR施設に飲食施設が出来ますから飲食業が潤う。

宿泊施設も出来ますね。

お土産屋さんなんかも恩恵を受けるでしょうね。

さらにそれらの施設で働く人が必要ですから莫大な雇用を生み出す訳です。

更に日本のカジノを求めて世界中から観光客が来るわけです。

カジノと他の観光地をあわせたツアーなんかも出来るでしょうね。

 

これは大きいですよ。

デフレが叫ばれていますが、カジノ施設が出来れば真っ向からその治療薬となる訳ですから。

 

文化面でのメリット

カジノ法案のメリットは経済的効果だけではありません。

IR施設が出来、関連施設が出来、人がそこに集まれば色々なアイデアが生まれ、新しい文化を生み出す事でしょう。

 

カジノ施設は今まで日本に無かったものです。

まあ、パチンコ、スロットなんかは今でもありますが、カジノはまた次元の違うものです。

パチンコというとおっさんが暇を潰したりする汚いイメージですが、カジノは違いますよね。

バニーちゃんがいたり、イケメンのガードマンがいる中で世界中のセレブたちが集まり、享楽を楽しむ訳です。

まあパチンコと本質的には同じですが・・・w

 

新しい娯楽としてカジノが日本に根付けば、新たな文化として世界に誇れる訳です。

カジノって言えばラスベガスじゃない、マカオじゃない、フィリピンでもない。

日本だ!!!ってね。

スポンサーリンク

カジノ法案のデメリット

治安

IT施設が出来れば人が集まります。

人が集まれば犯罪も増えます。

カジノはその性質上、夜まで騒ぎますから、治安上は良くないですね。

喧嘩もあるでしょうし、飲食施設もIR施設に含まれるって事は酔っ払いもいるでしょう。

またヤ○ザの介入もあるかも知れませんね。

 

イメージの悪さ

カジノって言うと悪いイメージを持つ人もいます。

まあ、静かに暮らしたい人もいるわけですしね。

それに海外でもマフィアの巣窟になったりしているカジノもある以上、悪い印象を持つ人がいるのは仕方がない事です。

 

ギャンブル依存症

IR施設のメインはカジノ施設。

つまりギャンブルですから。

ギャンブル依存症になるくらいハマる人も出て来るでしょうね。

出てくるか出てこないか?で言ったら確実にギャンブル依存症患者は出てくるでしょうし、数も増えるでしょう。

 

管理人の個人的意見

僕の意見を忌憚なく述べます。

カジノ法案は可決されてしかるべきです。

ギャンブル依存症、治安問題、色々なデメリットがあるにはありますが、それを補って有り余るだけのメリットと夢がカジノ法案にはあります!!!

カジノ法案とは日本の経済のカンフル剤となるものだ!

そもそもギャンブル依存症なんて、個人の自己責任でしょ?

 

カジノに行けばギャンブル依存症になる人もいるでしょう。

でもそれは自己責任。

子供じゃないんだからさwww

 

車に乗れば事故を起こす人がいるんですよ。

包丁を使えば手を切る人がいる。

そんな事まで面倒見きれません。

ギャンブル依存症が増えるからカジノ法案に反対する人って、頭おかしいんじゃないですか?ww

「テメエのケツくらいテメエで拭けないやつがカジノに手を出すんじゃねえ」と言っておきます。←これを実行できればギャンブル依存症なんて無くなりますよ!

 

さらに言うのであればパチンコやスロットや宝くじや競艇や競馬の依存症には何も言わず、カジノ法案が出てきた時だけ騒ぐ人って「反対するのが仕事」みたいな感じで勘違いしていませんか?

そこは本質と違いますからね。

ギャンブル依存症に対して、国が一定の対策をする必要はあるでしょうが、最後まで面倒を見てあげる必要はありませんし、そもそも問題はカジノだけじゃない。パチンコもスロットも競馬も競艇も宝くじも何でも全部です。

自己責任って言葉をもっと意識していくべきです。

 

治安の悪化について言えば、これは諸外国と一概に比べる事は出来ないでしょう。

そもそも日本は治安が良いことで知られている国です。

銃も法律で持つことが出来ません。

銃がないという時点で、諸外国のカジノに比べて相当治安は良くなるでしょう。

もちろん、治安問題について言えば、国がしっかりと対策を講じるべきです。

ですが、海外と同じように治安が悪くなるとは思えませんし、カジノ法案を否定するほどの強いデメリットにはならないと思います。

カジノ法案大賛成です!

そして、最大のメリットは経済効果です!

僕達は霞食って生きてるわけじゃない。

失業率が高ければ社会が不安定になるし、お金が無ければものは買えないし、お金が元気に回っていかないと景気が悪くなって割を食うんです。

 

日本の人口はどんどん減っているんですよ?

日本人がお金を日本国内で使うだけでは全然経済として足りません。

どんどんお客さんを海外から呼ばないと!!!

経済がダメになってひもじい思いをしない為にも、経済的カンフル剤となりうるカジノ法案は絶対に可決されるべきなんです!

 

カジノ法案の候補地はどこなのか?

カジノ法案は国策とも言えますから、遅かれ早かれ可決されると思いますし、そうなるべきです。

するとIR施設を造る場所がどこなのか?

カジノ法案の候補地が気になるところですが、今のところお台場、大阪、沖縄、横浜等が候補に挙がっています。

 

IR施設を建設するための広大な土地が用意でき、尚且つ住宅街からは一定以上の距離が保てつつ、交通の便も良い。

そんな地域がカジノ法案では選ばれるべきですね。

 

後は日本では初めてのことなので、そこの行政の長がどういう判断を下すか・・・ですね。

まだ法案が可決されていない段階で、候補地の事はあまり深くは語ることは出来ませんが、個人的にはお台場、大阪、沖縄あたりには是非IR施設を作っていただきたいと思います。

 

お台場はたまに行くのですが、東京にしては土地が余っているイメージで、まだそんなに目立った娯楽がないのでカジノが出来れば目玉となるでしょう。

 

大阪は東京だけに美味しい施設が集中するのを避けるという意味でも是非お願いしたいところ。

東京とは一味違う文化が熟成している都市ですから、東京のカジノとの違いも楽しめそう。

 

沖縄はカジノが出来れば一層の観光地化が進むでしょう。

もちろん、地域住民との話し合いが大事だとは思いますが「日本の顔」になれるかも知れないチャンスですしね。

 

カジノ法案のパチンコへの影響は?!民進党が反対する本当の理由は?!

 

まとめ

カジノ法案とは「IR施設を合法化することでカジノを合法化する事を目指す法案」

メリットは経済的効果。

デメリットは治安の悪化、ギャンブル依存症等。

管理人としてはカジノ法案を早く可決して経済的恩恵を受けるべきだと考える。

カジノ法案の候補地としてはお台場、大阪、横浜、沖縄等が挙がっているようだ。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます