佐川急便の配達員が詐欺犯罪を犯している可能性が出てきました。

代引き伝票を書換えて2000円を自らの懐に入れている可能性があります。

被害者の方が勇気あるツイートをしてくれたお陰でこの事件が明らかになりました。

もし、この件が真実だとしたら「冗談です」では済まされない程の事件ですよね?

スポンサーリンク

佐川急便の配達員 詐欺犯罪か?代引き伝票を書換え2000円を懐にw

佐川急便の配達員が詐欺という最低の犯罪を犯している可能性が浮上しました。

代引き伝票を書換えて2000円という小金を自分の懐に入れている可能性があるのです。

発端はこの方のツイート。

 

一応、ツイートだけではわかりにくいという人の為に事件の概要を説明します。

 

この被害者へ荷物が届く。

18783円を支払う。

佐川急便の配達員 詐欺犯罪か?代引き伝票を書換え2000円を懐にw
被害者の手元にある代引き伝票の領収書

しかし、元々の代引き伝票をチェックしてみると金額が16783円。

佐川急便の配達員 詐欺犯罪か?代引き伝票を書換え2000円を懐にw
配達元の代引き伝票

伝票配達元の伝票の16783円という表記が、被害者の控え分では18783円となっている。

考えられる可能性は

佐川急便の配達元が被害者の方から2000円多くお金を受取り、自分の懐に入れた

というもの。(まあ、自然な考えですね。)

被害者は既に佐川急便から返金は受けているものの、佐川急便から真相の説明はない。

ネット炎上中・・・

 

うーむ。

これは頂けませんね。

 

もし、これが本当に佐川急便の配達員が意図的に、被害者の伝票を書換えていたとしたら、2000円の詐欺犯罪というレベルの問題では話が収まりません。

佐川急便、いや運送業界全体の信用を揺るがすものです。

 

今まで代引きで商品を受け取った経験は、殆どの人があるはずです。

何回も。

一度でもこういうケースが出てくる「俺も今までにやられていたんじゃないか?」のような不安に襲われますよね。

 

被害者の方は佐川急便に問い合わせているようですが、返金のみでまだ真相の説明がないとの事です。

 

現状、色々な可能性が考えられます。

 

  • 本当に佐川急便の配達員がこの「2000円詐欺」をしているという可能性。
  • 佐川急便の配達員は実は無実の可能性。(領収書を書き換えるのは、理屈上は誰でも出来ますからね。)

 

佐川急便が返金したという事は事実を認めたということでしょうか?

真相の説明が無いのは事件があまりにも重大なものだから、下っ端じゃどうしていいか分からず本店で今会議中とか?

 

被害者が嘘のツイートをするとは思えません。

佐川急便の配達員の過去の伝票を全てチェックすれば(全てチェックは無理でも、サンプリング調査でもすれば)、同じような件が出てくる可能性があります。(常習犯ならば。)

そうすれば、言い逃れは出来ませんが・・・

 

しかし、やっぱり支払いは「カード払い」に限りますね(汗)

スポンサーリンク

佐川急便の配達員の詐欺犯罪疑惑についての世論まとめ

この佐川急便の配達員が代引き伝票を書換えて、2000円を懐にいれた詐欺犯罪疑惑についての声をまとめます。

掲示板などでは

  • 佐川急便は普段から態度悪い
  • どうせ底辺働いてんだから仕方ないねw
  • 佐川男子は結構いいやつ多いけどな
  • うちに来る佐川はまじで態度悪い
  • これってマジで恐いんだけど
  • 99%の佐川急便の従業員は真面目なはずだ。
  • 徹底的に調べて間違いがなければ、死刑にしろ!

というような声が聞かれます。

 

佐川急便は普段から態度悪いとする意見。

多くの従業員は真面目なので、徹底的に調べて膿を出すべきだ!とする意見。

普通に怖がる意見。

適当に煽る意見。

の様に大別できますね。

 

僕自身としては、近所の佐川急便の人達はいい人で、礼儀正しいです。

「佐川男子」と言いますが、女性の従業員がよく来ます。

信じたい気持ちもある一方で、代引きで商品を受け取ることは最近はあまりないですが受け取る時はあまり確認もせずに言われた金額を支払っている実態もあります。

その為、少し恐いというのも事実です。

それでも多くの佐川急便の配達員は真面目にやってるのでしょうから、今回みたいなケースは徹底的にしらみ潰しに調査して頂き、もし本当に詐欺犯罪をしているのであれば、ぶっ飛ばして欲しいです!!!

 

まとめ

佐川急便の配達員が代引き伝票を書換えて詐欺犯罪をやらかしたというツイートは衝撃的なものだった。金額はたった2000円だが、徹底的に調査してほしい。

ネットは炎上し、佐川急便を叩く声、多くの従業員は真面目だとかばう声、色々である。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます