急な身内の不幸。

私は実の母親で経験しました。

正直、大変ですと「はっきり」言えます。

突然の事なので、悲しみの前に大変慌ててしまいました。

でも当然じゃないでしょうか?

なぜなら何も準備していませんでしたから。

なにより私が一番困った事が、葬儀屋の手配。

  • 何処に連絡していいかわからない
  • 費用は掛けたくない
  • お坊さんの手配は?

急いでいるのに頭の中でいろいろな事を考えるから、パニック状態になったのを覚えています。

 

そこで本記事では私の体験談と共に、

不幸にも同様な状況になった方や、

事前に準備したいと思っている方の為に

情報の提供をさせていただきました。

 

もし急な葬儀・葬式になっても

  • 「慌てず」
  • 「費用も掛けず」

に行動を取ることが出来れば助かりますよね。

このレポートが少しでもご欄の方の参考になれば幸いです。

 

>>急な葬儀・葬式を格安でできる「24時間対応」連絡先はこちら

 

 

私の急な葬儀・葬式体験談

警察からの連絡

3年前のある日の午後3時頃、仕事中に私の携帯に知らない電話番号の着信がありました。

何気なく電話を取ると、「○○警察の者ですが・・・」と言われました。

私の電話番号を母親の携帯から調べて電話した警察官の方からでした。

「お母様が亡くなられました。遺体を警察署の方で安置していますので直ぐに来て下さい。」

と言われたので、直ぐに実家の管轄の警察署の方へ出向きました。

母親は1人暮らしですが、私の仕事場から警察署までは車で1時間程度なので直ぐに行くことが出来ました。

 

そして2~3時間程掛けて、いろいろ事情聴取をされた後・・・

「遺体の引き取りをお願いします。」

と言われました。

でも当たり前ですが葬儀屋さんの連絡先も知らないので、

「一度、実家に戻ってまた連絡します。」

と言いました。

 

母親は病院とかで亡くなった訳ではないので、よくある病院と提携している葬儀屋からの手配などはありませんでした。

だからどうしてよいのか全くわかりませんでした。

 

葬儀屋の手配をしようとしたら・・・

私は急いで実家に行き、まずは電話帳で近場の葬儀屋に電話しました。

 

そしたら

「急は無理です。」

「今日は既に満杯です。空きがありません。」

と言われました。

 

仕方ないので少し遠方の葬儀屋に電話したら、

「大丈夫ですよ。」

と言われたので、気になる費用を聞くと

「150~200万程度と考えて下さい。」

と言われたので、少し考えて

「一旦、考えます。お願いする時はまた電話します。」

と言って電話を切りました。

 

そこで以前、実の父親の葬儀を行った際に掛かった費用の事を思い出しました。

「確か親父の時は200万ぐらい掛かったな。」

「やっぱりそれぐらいするか~」

でもその時、正直そんなお金は出せませんでした。

 

しかも母親は生前、

「私は静かで、こじんまりとした葬式でいい。」

と言っていました。

 

そして思い出したのが、格安葬儀や家族葬という言葉。

墓参りに行くとき、その近くを車で走っていたら、看板をよく目にしていたことを思い出しました。

 

母親の希望と私達の現実を考えた時、一般的な葬儀は選択肢から無くなりました。

 

でも実家にあった電話帳には、格安葬儀屋のような情報は載っていません。

もしかしたら載っていたかもしれませんが、その時に冷静になって調べるほど時間と余裕は無いものです。

その当時、スマホも持っていなかったので携帯で調べることも難しく・・・

 

すると警察から、「遺体引取りの催促」の電話がありました。

時間は既に夜8時。

更に困った私はそこで思い出しました。

 

お寺の住職に電話

「お寺の住職に相談してみよう!」

実家の納骨をしているお寺に電話して、住職に状況を説明しました。

 

すると住職は、

「費用をあまり掛けないで対応してくれる葬儀屋を知ってるよ。」

「そこに私から電話して、あなたの携帯に電話するように手配しておきます。」

と言ってくれました。

 

暫くすると葬儀屋から電話があり

「遺体の引き取りに行きますので、警察署で会いましょう。」

「値段も最低25万からできますよ。」

と言ってくれました。

そこで私はちょっと落ち着きを取り戻したように思います。

 

ようやく葬儀の手配

時間は既に午後11時

遺体を葬儀屋に運んで、住職にお経を上げてもらい、取りあえず一区切り。

 

そして葬儀屋から料金プランの説明がありました。

式場選択、飾り物、料理などいろいろ料金提示されました。

 

結果的に私達は、全て一式25万のプランを選択しました。

そこで少し「ホッ」としたことを覚えています。

 

後は、翌日葬儀屋の段取りで葬式を行い、火葬場まで滞りなく進行できました。

 

葬儀が終わって・・・

全てが落ち着いた後、思いました。

たまたま住職に連絡が取れて格安葬儀屋さんを紹介してもらうことが出来たけど、

連絡取れなかったらどうしたんだろう?と思うとその時は本当に助かりました

 

そして25万でも私は安いと思ったけど、もっと安いとこもあるのかな?と思い、インターネットで探してみました。

そしたらあるんですね。いろいろとプランが。

これを事前に知ってたら急な時でも慌てず、しかも自分の都合に合わせた費用で葬式が出来るんですね。

 

それから私の場合、住職は実家の関係で連絡することが出来ましたが、

中には

  • 「知り合いのお坊さんがいない」
  • 「お坊さんの費用もあまり掛けたくない」

という方もいらっしゃると思います。

 

そんな方達のために住職の手配も、この格安葬儀サービスで可能でした。

こういうサービスは「いざ!」という時、本当に安心じゃないでしょうか。

 

まとめ

急な葬儀・葬式。

大変で心の余裕も持てないのに、すべき事が短時間で沢山あります。

しかも分からないことだらけ。

でも費用は気になりますよね。

そんな時、助かるのが格安で出来る葬儀屋さん。

それも自分に都合の良い場所で24時間連絡出来るのは本当に有難いサービスです。

余裕がある今の内に、もしもの選択肢として事前に検討しておいても良いのではないでしょうか。

 

>>急な葬儀・葬式を格安でできる「24時間対応」連絡先はこちら

>>全国400社から一番安い葬儀社がわかる資料請求はこちら

 

スポンサーリンク