2018年夏のドラマで「この世界の片隅に」が面白そうですごく注目しています。

この世界の片隅には、アニメ映画の連続ドラマリメイク作品です。
笑えて泣ける映画がドラマ版でリメイクされることになり、楽しみにしています。

中でもすごいのが、ドラマの音楽担当があの久石譲さんということです。
脚本やキャストはもちろんですが、ドラマの音楽や主題歌、挿入歌が何なのかも気になるところです。

そこで今回は、この世界の片隅に(ドラマ)の主題歌や挿入歌といった音楽を調べてみました。

スポンサーリンク

この世界の片隅にドラマの主題歌は久石譲が担当!

この世界の片隅に(ドラマ)の主題歌や挿入歌は久石譲さんが担当されていますが、曲名やどんな音楽なのかはまだ公開されていません。

放送日前日になっても、まだ主題歌が不明とは。。
話題を呼びための戦略でしょうか。。

ただ、音楽担当を久石譲さんが担当されるのは本当です。

「この世界の片隅に」TBS公式に行ってみると、、

音楽を担当するのは、民放連続ドラマ登板は24年ぶりとなる久石譲

そして音楽を担当するのは、スタジオジブリが手がける宮崎駿監督作品や北野武監督作品など、幾多の映画作品を唯一無二の音楽で彩ってきた久石譲。近年は海外作品も手がける久石が民放の連続ドラマで音楽を担当するのは1994年『時をかける少女』(CX)以来、実に24年ぶりとなる。

URL:http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/news/

久石譲さんは24年ぶりのドラマ登板なんですね!
音楽にも相当力を入れているのが伺えます。

発表はまだしないでおこうということでしょうね。

久石譲さんのオーケストラを鑑賞しに行ったことがありますが、本当に素晴らしかったです。もちろんジブリ作品も全部見ています。

なので、この世界の片隅にの主題歌や挿入歌も、作品の雰囲気にあった音楽なんだろうなと楽しみにしています。

この世界の片隅に(映画)の主題歌は?

この世界の片隅にのドラマの主題歌や挿入歌は不明でなので、映画の方の主題歌を調べてみました。

映画の主題歌は、コトリンゴ さんの「 悲しくてやりきれない 」です。

声がきれいな歌ですね

コトリンゴさんは
本名:三吉里絵子、1978年7月17日生まれ
日本の シンガーソングライターです。

映画のようなテイストの主題歌になるのでしょうか?
楽しみですね。

スポンサーリンク

この世界の片隅にのドラマ主題歌にコトリンゴさんを推す声も

ドラマの主題歌にコトリンゴさんを推す声もみられました。
根強いファンが多いですね!

まとめ

いかがでしたか?
この世界の片隅にのドラマ主題歌や挿入歌についてしらべました。

まだ発表されていないので、今の時点では不明です。

わかり次第追記します。

<スポンサードリンク>