<第8話副音声>

今回の副音声は、どんなペアか楽しみにしていたのに…

副音声が無い…我が家のテレビがオカシイのか…音声設定を変えてもダメでした…

物足りなかったです…残念です。

 

スポンサーリンク

 

[人は見た目が100パーセント第8話 速報 あらすじ(ネタバレ)と感想]

https://twitter.com/hitopa_fuji/status/870203511383793664

<女子モドキ!雑誌デビュー…!?>

いきなり場面は、女子モドキ3人の研究ラボです。

そして「えぇー!?」という3人の悲鳴からドラマはスタートします。

国木田が雑誌のインタビューに3人が対応する事になったと報告しており、ビックリしている所です(笑)

 

前田:わっ、私たちが雑誌の?

佐藤:インタビュー!?

城之内:しかも!しゃ…写真つき!?

前田:なっ、なっ、なっ、

城之内/佐藤:な、なんで?なんで?なんで?

※3人とも「なっ、なんで?なんで!?」を連呼しています(笑)パニックです(笑)

国木田:はいっ!はいっ!はいっ!ないっ!!(※手を叩きながら)

国木田:うるさい!落ち着け!!

前田:落ち着けるワケないじゃないですか!!

佐藤:心臓発作の寸前です!!

城之内:いったい、何が!どうなって!そうなったんですか!?

国木田:ウチの広報に!ご指名で!取材依頼が来たんだよ!

【※国木田回想】

広報社員:DIONEが新しいマキュリーファンデについて

現場の研究員の方のインタビューを写真付で掲載したいそうです

国木田:へぇ~。すご~い!じゃない!ねぇ~?

    じゃあ…矢部菜緒子…にお願いしようかな!

矢部:えぇ。構いませんよ…

※矢部奈保子演じる関めぐみさん(以下、矢部)

広報社員:いや…それが、セルロースナノファイバーを化粧品に使用している事に

注目しているそうで…是非…八王子製紙からいらっしゃった研究員の方に

登場して頂きたい様なんです…

国木田:…。えっ?

矢部:※ガッカリしたのか、ため息をついています

【※研究ラボに戻ります】

国木田:というワケで!心して臨むように!

前田:…と言われても…

佐藤:そんな…大それた事、私たちには…とても…

城之内:そうですよ!どう考えてもムリ…

国木田:ムリじゃなーい!!×○△@×!ムリじゃなーぁーい!!

城之内/前田/佐藤:…(※国木田に圧倒されています)

国木田:今まで何の為に、あなた達!ビューティー研究してきたの!?

    この日の為でしょ!違うの!?

前田:違います!(※食い気味に(笑))

佐藤:有り得るワケないし!

国木田:えっ!?

城之内:それ目的で!やってきたワケじゃ…だんじて!ありません!

国木田:えっ!?

城之内/前田/佐藤:(※力強くうなずく)

国木田:言っとくけど、これね!もう…すっ…すごい!

    もう…すごい!もう!スゴイ!ビックチャンスだからね!!

    ココで成果を見せれば、松浦さんも見直してくれる事!

間違いないんだから!ビューティー研究の学会発表だと思って!

しっかり!やりなさい!いいね!!

城之内/前田/佐藤:…。(※不満そうな顔しています(笑))

国木田:返事は!?

城之内/前田/佐藤:…。…。は…い…

国木田:声が小さい!

城之内/前田/佐藤:はい…。

国木田:よろしい!先方から質問リストがきているから、よーく読んどいて!

    では!検討を…。ぬん!

※国木田は、言うだけ言って研究ラボを出ていきます。「ぬん」って何だよ(笑)アドリブだろ(笑)

場面は、矢部の研究ラボ(開発チーム所属のラボ)です。矢部は、DIONEの雑誌を見つめて、ゴミ箱へ捨ててしまいました。顔が怖いです。何か考えがあるようでした。

 

雑誌のインタビュー話が女子モドキ3人に!!面白い展開になってきましたね。

今回は副音声が無いから、共感してくれる人が居なくて…寂しいです…。

 

スポンサーリンク

 

<機密情報漏洩!国木田が怪しい動き?>

場面は、電話で話している松浦です。電話の相手は、松浦の上司の様です。

情報漏洩の話は事実なのかと聞かれています。松浦は「我々しか知り得ないセルロースナノファイバーの機密データを他社か入手していると報告がありました」と話します。

松浦が指揮をしていながら、どうやって情報が漏れたのか責められており、松浦は謝罪をしています。電話を切り、憤りが隠せない松浦です。

開発研究ラボに戻り、国木田に八つ当たり?しています。

 

松浦:どう?目途はついたの?

国木田:今、商品発表会を3カ月…早めるのは…

やはり、無謀なのではないかと話している所で…

松浦:聞いてないわよ…

国木田:えっ?

松浦:あなた達の意見なんて、聞いてない!

   私が早めろ!と言ったら、それが決定なの!

国木田:しかし、あのう…開発には、まだ、時間がかかります…

 

松浦:そんな事わかっているわよ!でも、やるしかない!って

言っているでしょ!言い訳しているヒマがあるんだったら

入荷実験の改善案!早く出させなさいよ!!

国木田:…。申し訳ございません(※頭を下げています)

※国木田は、やるせない思いで、悔しそうです…自分の手を強く握っています…

 

場面は、何処かホテルの廊下を歩いている国木田です。ホテルの一室を訪ねた国木田は、嶋田という男と話をしています。

嶋田:国木田さん、罪悪感を持つ必要なんてありませんよ

国木田:…。(※俯いて葛藤している様子です)

 

国木田さん!何だ!情報漏洩の犯人か?それにしても…室井滋さんの髪の毛は…コシノジュンコさんがコンセプトなのかな…普段のお笑い芸人の時のブルゾンちえみさんは、確か…コシノジュンコさんがコンセプトですよね(笑)もしかして、そういう事なのかな(笑)

 

<写真うつりが最悪!自撮りって何だ?>

場面は、研究ラボの3人になります。DIONEの雑誌を開いて見ています(笑)

雑誌を開くと、光が射しています(笑)宝箱を開けた時みたい輝いています(笑)

ん…。この雑誌は…GINZAという雑誌のマネなのかな…(笑)

 

城之内/前田/佐藤:まっ、まっ、まぶしい!

前田:はっ!何コレ!ワンピースが750,600円って書いてあるけど!

城之内:えぇ!?ミスプリじゃないですか!?

前田:いやっ!バックが359,640円(LOEWEのパズルバック)

ジャケットが245,160円!サンダルが99,360円!はっ!

キーホルダーが44,280円!

佐藤:コレ!本当にファッション雑誌ですか?

   車のカタログとかじゃないんですか?

前田:こんなキラキラ最高峰のファッション誌に私たちが、本当に載るの?

城之内:マズイです!私、昔から写真!だっ、大キライなんです!!

城之内:いつも「ハイ!チーズ!」と言われると反射的に目つぶっちゃうんですよ!

    写真って、魂抜かれるって言うからレンズ見ちゃいけないと思って!

前田:私も昔は、全然!平気だったけど、今は…肌の衰えが気になって

なるべく風景と同化して、存在を消してるわ!

佐藤:私も超絶、写真写りが悪いんですよ!コレが本当の私なんですが

   (※外人モデルの写真が出ます)

   実際に写真を撮ると知らない人が写ってるんです!

   (※実際の佐藤の写真が出ます(笑))

   誰?誰これーーー!!

城之内/前田/佐藤:はぁ~あ…

※チーンの効果音と供に(笑)首がうな垂れている3人です(笑)

 

場面は、ステキ女子社員(庶務課)の香澄と美優に助けを求めて写真写りについて聞いている所です。

香澄:写真ですか?まぁ~いつも、自撮りで鍛えていますからね~

佐藤:地鶏?あっ!それなら、美味しい鍋のお店が!

前田:自撮りって言っても、鶏肉じゃないわよ…

佐藤:…。(※恨めしそうに前田を見ています)

香澄:まずは、写真事体に慣れる事ですね~

城之内/前田/佐藤:なるほど~

 

城之内の目を瞑ってしまう現象!分かる!どんなに練習してもダメですもん!人より瞬きの回数が多いと勝手に解釈しています(笑)そして、前田の様に写真には、なるべく写らないように端の方で存在を消している(笑)佐藤の気持ちも分かる!鏡で見る自分と写真で見る自分は違っているから、誰コレ?ってなる(笑)きっと、鏡より写真の方が自分に近いはずなのに…現実逃避ですよね(笑)

 

<ビューティー研究 その16 自撮り>

という事で「自撮り」研究しましょう!と研究ラボの3人の場面になります。

写真うつりを良くする方法をネット検索しています。お決まりのパターンですね(笑)

 

■写真写りを良くする方法

 ①窓際などの自然光か白熱日灯の下で写るのがいい

  レフ板で照らしたり/白いハンカチを膝においたり/白や明るい色の服を着る

城之内:良かった!私たち、白衣だから大丈夫ですね!

前田:うん!

 ②アゴを引いて目を開いて、上から写すように撮影する

前田が実践しますが、二重あごで何故か白目です(笑)

 ③下の歯は見せずに笑う、シャッターを押す瞬間、鼻から息を吸うと鼻筋が通ってキレイ

前田が実践しますが、前歯が出て、息を吸い過ぎて鼻が膨れて、瞳孔が開いています(笑)

 ④腕を最大限に伸ばして小顔に

 ⑤カメラの端はレンズがカーブしていて顔が膨張するので、なるべく中心に写る

 ⑥顔のまわりに手を添えるとほっそり見える

 ⑦可愛い物やキレイなものと写ることで相乗効果を狙う

 

これだけの技をシャッターを押す瞬間に凝縮させるなんて何でそんな事が出来るのかと嘆いています。最高の1枚が撮れるまで何十枚も何百枚も撮ると分かります(笑)

そして、実践してみます…が…硬いうえに造っている感が満載です(笑)

 

佐藤:ちょと!

前田:なに?

佐藤:表情が硬くなってしまうのは、カメラを意識しすぎて構えているから!

   カメラを彼氏だと思って微笑みかければ、いちばんイイ表情が撮れる!

前田:なるほど!究極の写真うつりは、彼氏にみせる表情!!

城之内:…。てっ…。

城之内/前田/佐藤:彼氏がいない人はどうすれば!?

城之内:自撮りって、彼氏がいる人!限定の文化なんなんですか!?

前田:旦那は、もはや彼氏じゃないから微笑みかけようとも思わないし!

佐藤:もし、彼氏がいない人が自撮りしたら、捕まるんですか!?

前田:はぁ…女子モドキが最高の1枚を撮る事なんて…

城之内/前田/佐藤:永久に無理…

※ゴーン!の効果音と供に(笑)首がうな垂れている3人です(笑)

 

そんな時、前田の携帯が鳴りますが、息子が友達に送ろうとしたメールが間違って届いていました。

内容は、息子の彼女の写真でした。小学6年生なのに彼女がいるのか!

 

佐藤:ちょ、ちょ、ちょと、見せて下さい!可愛いじゃないですか!

城之内:小学生とは思えない

佐藤:明らかに私たちより色気がありますよね

前田:そんなの詐欺よ!参観日の時に見たけど、全然違ったもん!

佐藤:でも、完璧な自撮りマスターですね!

城之内:いい顔してますよ~やっぱり、息子さんの事、想って撮ったんですかね~

前田:…。(※不満そうな顔です)

城之内/佐藤:…。(※しまったという顔です)

前田:許せない!私の1/3位の歳の子が…こんな!女優!みたいな写真!

※前田の後ろからメラメラ炎がたちこめています(笑)

城之内:ま、前田さん!何か燃えてる?

佐藤:この炎は、息子さんに対しての炎ですか?自撮りに対しての炎ですか!?

前田:(※携帯画面を見ながら睨む)…。あっつ!熱い!

城之内:あっ、あ!あ!

佐藤:本当に燃えてる!!

城之内:け、消さないと!

※城之内と佐藤は、本当に燃えている場所を消火器で消します(笑)

前田:…。(※携帯画面を睨んでいます)

城之内:あっ、す、すみません!若い子は可愛く写りたいと言う熱量が…

前田:熱量…?キレイに写りたい熱量は!こっちの方が大きい!っつうの!

城之内/佐藤:はっ、はい!

前田:絶対、飛ばす!ほうれい線!死んでも写さない小ジワ!

   腕を伸ばして小顔に写るなら筋が切れても最大限!伸ばす!

   キレイな物と写って、美しさが際立つんだったら!

   アルプスに行って、最高のエーデルワイスを摘んで来てやるわ!!

※勢いよく走って、研究ラボを出て行く前田(笑)

城之内/佐藤:…。(※唖然としています(笑))

 

場面は、翌日の研究ラボです。前田がお花と一緒に自撮りした画面を城之内と佐藤に見せています。

写真は、女優「水川あさみ」さん通常バージョンです(笑)

前田は「彼氏なんかいなくてもレンズを山積みの札束に見立てたら自然と笑みがこぼれたわ~♡これが、大人ってもんよ!」と報告しています(笑)

佐藤は「これなら彼女よりママがイイって言うレベル」と言います。城之内は「旦那さんも惚れ直しますね♡」と言います。しかし、前田は「でも、これ意味がない」と言います。

この奇跡の1枚を撮る為にどれだけ苦労したか、しかも自撮りだから出来た事で、インタビューは人から撮ってもらうので無理だと話します。3人は「ですよね…」と納得して落胆します(笑)

 

小学校6年生で彼女かい!今の小学生はどうなっているんだよ(笑)

今はSNSが普及しているし自撮りするのが当たり前の時代ですもんね…みんな詐欺ですよ(笑)

 

スポンサーリンク

 

<機密情報漏洩…犯人は女子モドキ達!?>

場面は、帰宅途中の丸の内を歩いている3人です。ちゃんとビューティー研究を実践していますよ!オシャレ傘を持っている!

3人は、恥をかくから、国木田さんには悪いけど、インタビューを断ろうと話しています。

そんな話をしていると3人はお腹(正確には胃)が痛くなってきたとヨタヨタと歩いています。

場面は、社内廊下を歩く矢部と松浦です。

 

矢部:いいんですか?あんな人達がDIONEに載るなんて!

   ブランドイメージに傷がつきますよ!絶対!

松浦:大丈夫!あの子達にそんなインタビューを受ける根性は無いんだから!

   どうせ、そのうち逃げ出すに決まっているんだから~ほっときなさい!

矢部:…。(※悔しそうに松浦の背中を見つめています)

 

場面は、朝出勤して来た城之内が、会社の廊下を歩いています。

城之内は、すれ違った社員に挨拶をしますが、逃げられてしまいます。明らかに社員たちの対応が変です。更には、八王子製紙所の社員に対してヒソヒソ何か話をしている様子です。

理系男子の三沢と丸尾が原因を3人に説明してくれます。「情報漏洩の犯人が八王子製紙所だと噂になっている」根拠は無いが、仕事をさせてもらえない腹いせに情報を流したと噂になっているらしい。三沢は、周りに惑わされずに普段通りに仕事をしようと話します。

それを聞いて、3人は憤りを隠せません。そして、ランチの帰りなのか、会社の前を歩いていると、矢部に話しかけられます。

 

矢部:ねぇ!ちょっと!

   あなた達DIONEの取材、いつ断るの?

前田:断る…?

矢部:はっ?違うの?まさか、本気で受けるつもりじゃないわよね?

城之内/前田/佐藤:…。(※呆然と矢部を見ています)

矢部:冗談でしょ!機密情報漏らした犯人が、どの面さげてインタビュー受けんのよ!

城之内:私たちは…情報なんて…

矢部:泥棒に!クレエラの名前なんて語る資格ないから!

   さっさと断りなさいよね!

城之内:…。(※悲しそうに矢部が去って行く姿を見ます)

※ふっと、城之内が目線をずらすと榊が立っていました。どうやら、先ほどのやり取りを聞いてしまった様子です。

榊:どうも…

前田/佐藤:…。(※無言でお辞儀します)

榊:この間は有難うございました…

城之内:いえ…

榊:…。(※城之内を見つめています)

城之内:…。(※俯いて榊の顔を見ません)

榊:…。(※城之内を見つめています)

城之内:…。それじゃ…失礼します…(※足早にその場を後にします)

前田/佐藤:…。(※榊に会釈をして城之内を追いかけます)

榊:…。(※城之内の後姿を切なさそうに見つめています)

 

 

<国木田の怪しい行動の理由…松浦の過去>

場面は、研究ラボで話をする3人です。

前田は「もう、インタビューを断ろう!笑い者にされずに済むし、いい口実だと思う」と言います。

佐藤は「国木田さんは状況が分かっているんですもんね…」と言います。

城之内は「明日、話に行きましょう…」と言います。3人は、インタビューを断る方向で話をまとめます。その日の帰り道で、オフィスビルから出てくる国木田を目撃してしまう城之内の場面です。

城之内と目が合った国木田は、気まずそうにカバンで顔を隠しながら逃げて行きます。

気になった城之内は、国木田が出て来たオフィスビルを確認すると「株式会社ジョルジュ化粧品」の自社ビルでした。

翌日、研究ラボで、昨夜の出来事を前田と佐藤に話しています。情報漏洩の犯人は国木田で、女子モドキ3人が犯人にされているのに黙って見ており、このまま罪をなすりつけるつもりだと話しています。

そして、場面は、開発チームの研究ラボの会議中です。心ここにあらずの国木田が会議に参加しています。会議の内容が耳に入っていない様です。

 

松浦:ちょっと、ちょっと!

国木田:…。…。はい?

松浦:商品発表会だけど、更に1ヶ月繰り上げる事にしたから!

   改善プランをもう一度、練り直してちょうだい!

国木田:そっ、そんな!そんなの!とても間に合いません!

ただでさえ、ギリギリの状況なんです!お願いです!

松浦:これは決定なの!ッチ!何度も言わせないでしょ~

国木田:…。(※唖然としています)

松浦:あ~。それから、DIONEのインタビュー?あれ、どうなった?

国木田:…。予定通り進めています…

松浦:ははっ。辞めさせなさい~

国木田:えっ?

松浦:だって、情報漏洩の噂、知っているんでしょ?

国木田:…。(※何か言いたそうに怒っている顔です)

松浦:そもそも、あんな連中を雑誌に載せるなんて!

   私に恥をかかせる気?

   あなたの方から、しっかり!断ってちょうだい!

国木田:…。

松浦:いいわね!!

国木田:…。はい…。

※国木田は、明らかに何か言いたそうです…不満がたまっています。松浦に対して嫌悪感がヒシヒシと現れています…。

 

場面は、会社の喫煙所でタバコを吸っている国木田に出くわす城之内です。

国木田は、隣に座る様に促し、昨日はマズイ所を見られてしまったと話します。

 

城之内:まさか、国木田さんが…

    私たち、国木田さんだけが唯一の味方だって思っていたんですよ…

    なのに…ヒドイですよ…情報漏洩の…罪…

    私たちになすりつけるなんて…

国木田:…。(※きょとん顔です(笑))

国木田:ん…?

城之内:えっ…?

国木田:…ん?あれ!なに!?

城之内:へっ?えっ?へっ?

国木田:まさか!私が機密データ持ち出したとか!そう思ってる?

城之内:えっ!?ちっ、違うんですか?

国木田:はっ!はははっ(笑)ない!ない!それは、ない!

    だって、ジョルジュ化粧品はセルロースナノファイバーの分野には参入してないから!

城之内:でも、さっき!まずいトコ…って…

国木田:(※あたりを見渡して人が居ない事を確認しています)

国木田:実は、私…ヘッドハンティングされてるの…

城之内:えぇぇー!!

 

【国木田:回想】

先日の嶋田との密会場面です。

国木田:…。(※俯いて顔はうな垂れています)

嶋田:松浦さんの厳しさは相当なモノですね~

   今年になってからも開発部の片桐さん…

研究員の藤本さん…宮原さんと3人も辞職されていますよね?

国木田さん!罪悪感を持つ必要なんて!ありませんよ~!

国木田:…。(※嶋田を見つめています)

 

城之内:…。(※挙動不審です)

国木田:クレエラに入社して、松浦さんに会った時は…

    ま~あ、ビビったよね…世の中には凄い人が居るもんだな~って…

国木田:みんな、松浦さんの事、天才だと思ってるでしょ?

城之内:は…い…

国木田:でも、そうじゃないんだよね…

    彼女はね…「努力」の人なんだよね~

 

【国木田:回想】

若かれし頃の国木田が出ますが(笑) LIAR GAMEの「フクナガユウジ」です!ファッションも髪型もそのまま(笑)同じフジテレビだから可能なのかな(笑)

指さしてしまいましたよ(笑)

そんなフクナガユウジ風の国木田は、松浦が客先で土下座をしている姿を見てきました。

仕事の為に松浦がプライドを捨てて邁進して来た事を思い出しています。

 

国木田:それから彼女に認められたい!その一心で!必死に!

今日まで走り続けて来たんだよね…

    でも、ふと思ったわけ…アレ?…私なんの為に走ってきたのかな…って

    ふぅ~。疲れちゃった…もう、松浦さんには…ついていけない…

    はぁ~…。で!?話って、それだけ?

 

城之内:あっ。いえ…インタビューの…事なんですけど…

    やっぱり、お断り…しようかと…

国木田:…(※心配そうに見つめます)

城之内:矢部さんに言われたんですよね…会社の名前…

語るなんて…やめてくれ…って…

国木田:…。いいんじゃない?松浦さんにも「辞めさせろ」って言われているから

    もう、頑張らなくてもいいよ!あなた方も楽になりなさいっ!

城之内:…は…ぁ…。

国木田:矢部さんに代わってもらえばイイから、この間の質問リスト

    渡しておいてちょうだい…

城之内:…はい…

国木田:…(※頷いて去って行きます)

※城之内は、国木田の背中を見ながら、悲しそうです…

 

 

<機密情報漏洩の犯人…?と矢部の本心!>

場面は、開発チームの研究ラボへ質問リスト持って行った城之内です。

研究ラボでは、ステキ女子研究員が矢部に「何か気になりませんか?情報漏洩の事…私たちしか知らなかったのに誰が喋ったんだろう」と言います。矢部は「わたしよ!私が喋ったの。別に口止めされていた訳じゃないし、別にいいでしょ」と平然と話しています。

 

ステキ女子研究員:じゃあ、八王子のスタッフの腹いせっていうのは?

矢部:だって、他に考えられないじゃない~大体、厚かましいよ!

   DIONEのインタビュー受けようなんて!マキュリーファンデの開発は

   ずっと、ウチのチームがやってきたの!何で、後から来た人達が脚光を浴びるワケ!?

   そんなの…ゆるせない!!

 

城之内は、そんなやり取りを聞いてしまい…手に持っていた質問リストを握り潰しています。

そんな事が起きている頃…美容室では、城之内が情報漏洩の犯人だとスタッフが噂をしています。

榊は、心配して動揺している感じです…

 

ひぃー!女って怖い!矢部さんが犯人なんだ…確かにずっと携わって来たのに横取りされた気分になるよね…分からななくも無いけど…やり口がヒドいな…

矢部さんって、キラキラ女子研究員だけど…昔は女子モドキ達と同じ類だったんじゃないかなーって思うけどな…

 

<恥かいても笑い者になっても汚名を返上したい>

場面は、研究ラボのディスクに座り考え込んでいる城之内です。そこへ、夜食の買い出しから戻った前田と佐藤が話しかけます。

 

前田:ただいま~

佐藤:どうでした~?国木田さんと話しできました?

前田:城之内さん?どうしたの?

城之内:…。うけませんか…

前田/佐藤:へっ?

城之内:やっぱり…インタビューうけましょう!

佐藤:なんで急に?

前田:もう…断ろうって決めたじゃん…

城之内:そうですけど…でも…

佐藤:嫌ですよ!あんな風に言われてまで、やる必要なんてないですよ!

前田:そうだよ~もともと、断りたかったんだし~問題ないじゃん!

城之内:そ、そうでしょうか?

前田/佐藤:へっ?

城之内:本当にそうでしょうか!?

前田/佐藤:…。

城之内:確かに、インタビューなんて受けたくありません!

    私だって、辞められるもんなら辞めたいです!

    でも…でも…ここで辞めたら!

    まるで…悪い事した!っていう風に認めたみたいになっちゃうじゃないですか!?

城之内:(※首を横に振りながら)私、そんなの嫌です!

前田/佐藤:…。

城之内:見た目を磨かないと仕事をさせて貰えないのは!仕方が無い事だと思います…

    でも、今回の件については!納得が出来ません!

恥かいても…笑い者になってもいい…から…せめて!逃げないで!

インタビュー…受けたいです!

前田/佐藤:…。

 

前田も佐藤も城之内の言葉を聞いて思い直した様です。国木田の所へ話に行っている3人の場面になります。

 

国木田:わかった…そういう事なら!協力するよ!

城之内/前田/佐藤:※丁寧にお辞儀をします

3人の顔と国木田の顔は、どこかスッキリ晴れやかです。

 

<ビューティー研究 その17 あひる口>

はひる口!研究しましょう!とビューティー研究の場面になります。国木田は不満があるようです(笑)

 

国木田:何で!あひる口!?しかも、いまさら!?

城之内:やっぱり、雑誌に写真が載るなら…メイクの研究が必須だと思いまして…

    調べた所、あひる口は人相学的に「人」を引き込む作用があって好感をもたれるそうです!

国木田:なるほど~旬は過ぎたけど、今やデフォルトになっている感じだし…

    それだけ~人気があるとも言えるわね~

城之内:はい…

国木田:では~!あひる口!研究しましょう!!

城之内/前田/佐藤:はいっ!!

国木田:ぐわっ!(※あひるのモノマネ(笑))

 

■あひる口のメイクのやり方

 ①コンシーラを使って、下唇の口角部分を消す

 ②上唇の口角から山までを消す

 ③綿棒でぼかし、スポンジでなじませる

 ④上唇は濃い目の色で塗る

 ⑤下唇は薄目の色で塗る

 ⑥リップブラシでキレイに整え

 ⑦丸い、アヒルっぽい口の形を意識しながらグロスを唇の中央からつける

 

あひる口メイクを実践した3人ですが…(笑)コンシーラで上唇と下唇を消し過ぎて(笑)唇が(笑)マロになっています(笑)バカ殿さまの口元と同じですよ(笑)

 

前田:なんか…

城之内/前田/佐藤:スズメみたいになってない!?

国木田:消しすぎだろうっ!!

 

やり直すと、それなりのアヒル口になりました。若干、可笑しいけど(笑)

3人は、出来上がりを見て、完璧とは言えない様な気がすると話します。

 

国木田:あひる口を造るには…は・ひ・ふ・へ・ほの「は」の口をした後に

    「きゅ」と言うといいんだよ~

城之内/前田/佐藤:えっ?

国木田:「え?」じゃない!もぉ~!とにかくやってみる!はいっ!

    (※パチンと手を叩きながら城之内の所へ行く)

国木田:まずは、城之内純!

城之内:はいっ。

国木田:はい!やってみる!はい!

城之内:は…きゅ…は…きゅ…

国木田:は~きゅっ!は~きゅっ!

    お~ナイス!なかなかイイ~

国木田:はいっ!次は、野生児!野生児!佐藤聖良!

    (※佐藤の所へ行く)

佐藤:は…きゅ…は…きゅ…は…きゅ…

国木田:タコだろ?それ!タコだろうが~それ~

タコ助!佐藤タコ助だろう~それ~

佐藤:(※笑ってしまう)

国木田:笑うな~はいっ!体当たりでいけ~あひるでいけ~ほら~

佐藤:は…きゅ…は…きゅ…

国木田:は~きゅっ!は~きゅっ!

    まぁ、まぁ、まぁ、うん!うん!もう少し頑張りましょう!

国木田:はいっ!はいっ!問題児!前田満子!はいっ!

    (※前田の所へ行く)

前田:は~ん…にぎゅ…は~ん…にぎゅ…

国木田:ん…にぎゅ…って何だ~?もぉ~!

前田:は~

国木田:きゅっ!だろうが~

前田:は~ん…にぎゅ…

国木田:は~きゅっ!だろうが!しゃくるな~!

前田:い…言えない

国木田:しゃくるな~言えないじゃない!

前田:は~

国木田:しゃくるな!しゃくるからダメ!

前田:きゅっ!

国木田:そう~そう!

前田:は~きゅ…ぅ

国木田:そっ、そっ、しゃくりをもう少し抑える!

前田:は~きゅ…は~きゅっ!

国木田:は~きゅっ!は~きゅっ!

国木田:はいっ!後はとにかく!練習あるのみ!もぉ~しっかりやれよ!3人も!

城之内/前田/佐藤:はいっ!!!

 

身体を1回転させながら研究ラボを出ていく国木田です(笑)出て行くときに「回っちゃった♪」と言っています。可愛らしい(笑)

国木田が出て行く様子を見ていた松浦は、女子モドキ3人の研究ラボが気になり覗いています。

研究ラボでは「は~きゅっ!」とはひる口を練習している3人です「ちょっと女子の気持ちになってきました」と話しています。松浦の表情は、若干みなおした感じかな…しばらく様子を見ていたが、松浦は去って行きます。

あひる口を練習した3人は、練習結果を理系男子の三沢と丸尾で試そうと三沢と丸尾の所へやってきますが…(笑)まったく、アヒル口の事を認識されませんでした(笑)世間話をして男子2人は去って行きました(笑)梅雨の話ですよ(笑)カビの話をして終わりですよ(笑)

 

城之内/前田/佐藤:あ…あひる口と認識されなかった!?

前田:そんな事ってある!?

城之内:あざとい位、あひる口にしているのに!?

前田:でも、あれ!あひる口にトキメいている男子の会話じゃないわよね?

佐藤:もう、あひる口がデフォルトになっちゃっているから

私たちが混ざったって認識されないんだ!!

城之内:このままじゃ…私たち…一生気づいてもらえない…貴重なあひる口として

    天然記念物になりますよ!

佐藤:そしたら…もう、国に保護してもらうしか…

城之内/前田/佐藤:(※倒れこみます)

国木田:希望を捨てるべからず!!

城之内/前田/佐藤:(※国木田の方をみます)

国木田:人があひる口に惹かれる理由…それが何だか分かる?

城之内:…。それは…人相学的に人を…

国木田:だから!なんで!人相学的にイイとされているかって事なの!

    あひる口は口角が上がっているから~ポジティブな印象を与えるの!

    つまり~重要なのは、あひる口そのものじゃなくて!その奥の~奥の~ポジティブさ!

前田:なるほど!これなら、私たちも出来そうじゃない!?

佐藤:ポジティブな言葉をいっぱい口にしてみましょう!

城之内:そしたら、日本一のポジティブあひる口になれるかも~!

 

国木田:そう~そうっ!そう!そうだよ!そういうこと!

佐藤:私たち~って!ステキですよね~(※ミュージカル風(笑))

前田:心が美しくて~100点!(※ミュージカル風(笑))

城之内:見て下さい!あの夕日は私たちの美しさを写し出しています(※ミュージカル風(笑))

 

3人は気分が晴れやかになり、ポジティブな言葉を次から次へとミュージカル風に言いながら踊っています(笑)ポジティブな言葉が、だんだん…ゲスな言葉になっていきます(笑)

小鳥のさえずりが可愛い!毎日ごはんが美味しくて幸せ!地球に有難う!みんな仲良し!心身健康!世界平和!マイナス5歳肌!一等6億円!医者次男!遺産相続!島買収!不老不死!

そんな事をしていると理系男子に見られてしまいます…(笑)梅雨時期の気怠さから来る疲れだと勘違いされます(笑)

 

三沢:やっぱり…疲れてるんですね…

丸尾:はい、しじみウコンです…

三沢:にんにく卵黄です…

城之内/前田/佐藤:…。(※呆然と立っています)

国木田:なに?これ?疲れに効くの?(※丸尾のしじみウコンを受け取ります)

丸尾:はいっ

国木田:どっどのくらい効くの?

丸尾:すごーく!効きますよ~

国木田:すごく?元気になっちゃう?

丸尾:元気になりますぅ~

三沢:国木田さん!あの…

国木田:はっ!ビックリした!いた?

三沢:いましたよ!ずっと!

国木田:ビックリした~

三沢:何をビックリしてるんです…

国木田:あははは…

三沢:にんにく卵黄どうぞ~

国木田:ん?にんにくさん…?

三沢:違います!

国木田:えっ?

三沢:違います!にんにくさんじゃないです!三沢です!

国木田:にんにく卵黄さん?

三沢:違います!コレ、名刺じゃないです!

 

国木田さんが、いつもの国木田さんだ(笑)やっぱり、明るい国木田さんがいいですよね!アヒル口か…アヒル口にメイクがあったとは…知りませんでした(笑)アヒル口は形だけかと…

たまに、話の途中でアヒル口を挟んでくる女子いますよね~。まぁ…可愛いですよ(笑)あれは反則だと思う!男性はハート持っていかれるはず♡

 

スポンサーリンク

 

<DIONE雑誌インタビュー!撮影!雑誌掲載!>

場面は、取材当日、研究ラボで質問リストの見直しをしている3人です。必死に質問リストを復唱しています。実際に雑誌のインタビューが始まりますが…しどろもどろで答えています。国木田さんは心配そうに見守っています。

でも、内容はしっかりとしたものです。さすがリケジョ!インタビューが終わり、いよいよ写真撮影がやって来ました。写真撮影の為、席を立つ3人ですが、

突然、松浦が入ってきます。3人は、インタビュー中止させられると思っていましたが、実際には…松浦は何もせずに撮影の様子を黙って見ていました。

国木田も松浦が来た事に驚きを隠せません。

3人の撮影が始まりますが、松浦が気になってしまい横目でチラチラ見てしまいます。カメラマンには「すみません。ちゃんとカメラ見てもらえます」と言われてしまいます。

城之内は不安になり国木田を見ます。国木田は無言で頷いて見せませます。それを見た城之内は勇気が出たのか、練習した「は~きゅっ」と小声で口ずさみます。それを聞いた前田と佐藤も一緒に「は~きゅっ」とつぶやいています。国木田も一緒に無音で唇だけ動かしています。

その様子を松浦は、不思議そうに見ながら、何か思う所があるような顔です。もしかして、3人を認めてくれ始めたのかもしれない…黙って部屋を出て行きます。

そして!撮影が再会され、無事に写真撮影は終了しました。

場面は、前田がスカーフで頭をぐるぐる巻きにして雑誌を購入して研究ラボへ戻ってくる所です。

 

前田:買ってきたよ!最新号!

城之内:本当に載っているんですかね?

佐藤:やっぱり、カットされたとか…そういうことあるかもしれないですよ!

前田:確認しましょう!

城之内/前田:はいっ!

※3人で雑誌を囲んで掲載箇所を探しています

国木田:お取込み中、失礼!

※雑誌を勢いよく閉じます

城之内:お疲れ様です…

国木田:さっき、松浦さんから呼び出しがあったの!

城之内/前田/佐藤:えっ?

国木田:あなた達の事で、話があるって…

城之内:…。はなし…って?

国木田:明日から!あなた方もセルロースナノファイバーの研究チームに加わって下さい!

城之内/前田/佐藤:…。…。えぇーっ!?

城之内:えっ、えっ、えっ?本当ですか!?

佐藤:すごい!これって、やっぱり!インタビューの効果!?

前田:そうだよ~きっとこれ見て、満足してくれたんだよ!!

佐藤:良かったですね!頑張って!!

城之内:国木田さん!本当に!有難うございました!

※3人は深々と国木田にお辞儀をします

国木田:いえっ。いえ~

    あっ!それとね~1つ伝言を頼まれたの~

城之内/前田/佐藤:なんでしょう!?(※元気よく(笑))

国木田:松浦さんもDIONEの記事を見られたそうです~

城之内/前田/佐藤:やっぱり~!(※元気よく(笑))

前田:それで~?

城之内:なんて言っていました~?

国木田:ヒドーイ!!(※力いっぱい)

城之内/前田/佐藤:…。へっ…?

国木田:あまりに!酷い!写真だわ!あれじゃ、ブランドイメージが台無しよ!!

城之内/前田/佐藤:…。

国木田:そう、仰ってました~!

城之内/前田/佐藤:…。(※呆然としています)

国木田:それじゃ~明日から~よろしくね~!へへへっ

※国木田は言うだけ言って研究ラボを出て行きました。

佐藤:へっ。なに…どういうこと?

城之内:じゃあ…何で…

セルロースナノファイバーの研究…やらせてくれるんでしょうか…?

前田/佐藤:…。

※3人はDIONEの雑誌を広げて掲載ページを探し当てます

城之内/前田/佐藤:あ“っ…ぁ

※あれだけ練習したのに…3人の口元は見事に…リアル…あひる口です「ぐぇ~」です(笑)

 

<女子モドキ!汚名返上!国木田は涙する…?>

場面は、開発チームの研究ラボです。矢部がDIONEの雑誌を見ながら「なんでこんな人達と一緒に仕事しなきゃいけないの!また情報漏らされたらどうするの?」と怒っています。

ステキ女子研究員が矢部に声を掛けてきます。機密データを漏らした情報漏洩ルートが分かったと話します。先月退職した藤本がお金に困ってセルロースナノファイバーのデータを売ったと伝えています。ステキ女子研究員は「あの人達じゃなかったんですね~」と言います。

矢部は、複雑そうな不思議そうな顔をしています…。

ん?矢部が情報流したって言っていましたよね?あれれれ…どうなっているんだ?

何か、からくりがあるのかなぁ…

場面は、美容室でDIONEを読んでいる榊です。城之内の写真をみて微笑んでいます。

おっ!何!この感じ!恋するオトコじゃないか!

場面は、松浦のオフィスです。国木田が松浦に報告をしています。

 

国木田:伝言を伝えてきました

松浦:そう!開発スケジュールの問題も片付いたし人員が増えて何よりだわ~

国木田:はいっ。

各方面の協力のおかげで、どうにか、こうにか調整がつきました

松浦:うん!当然の結果よ!あなたなら出来るでしょ!そのぐらい!

国木田:えっ…?

松浦:それで…ウチには残ってくれるのかしら…?

国木田:…はっ?

松浦:引き抜きの事…私が何も知らないとでも思った?

国木田:…。(※驚愕!)

松浦:私の情報網!なめてもらっちゃ困るわね~

国木田:…。

松浦:…。しんどいんでしょ…?

国木田:…。(※涙目です)

松浦:分かるわよ…でも!みんな同じだから!

国木田:…。(※涙目です)

松浦:ココまでやってきたんだから!もっと、上を目指しましょう!

※国木田は、涙を堪えていますが…耐えらず涙を流してしまします。

国木田:…。はい…

松浦:(※にっこり微笑んで仕事をします)

国木田は、深々とお辞儀をし、仕事を再開します。

 

今日の国木田さんは、何だか可哀相な場面が多かったから、最後の最後で報われて良かったですよ。側近だからこそ、キツイ言葉をかけてしまう松浦も国木田の存在が大切だと分かっているんですね。とてもいい関係性が描かれていました。

 

スポンサーリンク

 

<城之内…次のステップへ進んだ?>

場面は、明日から開発チームの研究ラボへ参加出来る事が嬉しくて、足取り軽い帰宅途中の城之内です。地下鉄大手町駅の地下入り口で榊が、城之内に声を掛けます。

 

榊:城之内さん!

城之内:あっ!(※榊をみて嬉しそうです)

榊:こんばんは~

城之内:こんばんは~

榊:見ましたよ~雑誌!

城之内:へっ?

榊:凄いじゃないですか!

城之内:あ…っ。いや…あ、そんな…

※城之内は、下を向いて恥ずかしがっています

榊:大丈夫…ですか?

城之内:…。(※不思議そうに榊を見ています)

榊:いやっ。この間の事…ちょっと、気になって…

城之内:いや…あれは…もう…大丈夫です!

榊:本当に?

城之内:はいっ!ちゃんと、誤解も解けましたし

    それに!ずっと、やってきた研究!また、やらせてもらえる事になったんです!

榊:そうなんですか!良かったですね!!

城之内:はいっ!!

※城之内は、下を向いて嬉しそうにしています

榊:…。(※城之内を見つめています)

城之内:ん…?(※視線を感じて榊を見ます)

榊:おめでとう…

城之内:はいっ。ありがとうござ…

※城之内がお礼を言う前に榊が、キスをしました。城之内は驚いて、榊から離れます。

榊:…好きです!

城之内:…(※驚きすぎて言葉が出ません!固まっています)

榊:付き合ってくれませんか…ぼくと…

城之内:ぁぁぁ…(※あわあわしてます(笑))

で…白目を向いて倒れる…という所で第8話は終わりです。

 

<感想>

前半は、何となく暗い感じだったのに!後半になって、何!なに!榊と城之内がキスをしましたね~♡まさかの展開ですよ!このまま、うまくいって欲しいですよ!

ステキ女子研究員の矢部さん!彼女とは何かありあそうですよね。来週は、バトルかな~

松浦と国木田の関係性も良かったですよ!しかし、LIAR GAMEの「フクナガユウジ」を出してくるとは!同じフジテレビとはいえ、笑いましたよ。

回を重ねるごとに思うのが、ビューティー研究した事が、ちょくちょく垣間見える所ですよね。先週は水川あさみさんが同窓会でクラッチバックを持っていたし、今回は3人ともオシャレ傘を持参していました。徐々にステキ女子へステップアップしている証拠ですよね!

はぁ~あ♡来週は、榊と城之内のお付き合いがスタートですね♡

しかし…原作では、城之内と榊は結ばれないハズですが…恋模様はドラマ仕様なのかな…。

 

次回は6月8日…楽しみです

<スポンサードリンク>