最近とても暑くて、ついついクーラーをつけてしまう毎日になってきましたね。

仕事も体がだるく感じてしまって、頭から水を浴びたい気分になります。

暑い方がビールは美味しく感じるんですけどね。

それでも暑い事には変わりありません。

こういう時はプールなどで涼しく過ごす日があっていいですよね。 

子供も暑そうにしてますから、親子で遊べるプールに行きたいと思ったので、

調べてみたら、東京サマーランドがやはり良さそうですね。

水場だけでなく普通のアトラクションも楽しめますし、長時間飽きずに遊べそうです。

この東京サマーランドで混雑せずに楽しめるかお伝えしますね。

 

スポンサーリンク

 

東京サマーランドの場所は?

東京サマーランドって、どこにあるんでしょうか?

すごく面積が広そうなので、都内にあるのかな?と思っていましたが、

住所は東京都あきる野市上代継600と、めっちゃ都内にありました。

都心からは離れていますが、日帰りでも気軽に行けますよね。

すごく気軽に行けるので、やはり夏休みの期間は混雑します。

せっかく泳ぎに来たのに、水面が見えなくなるほどの人がたくさんいた!

なんて嫌ですよね。

 

混雑する日程と時間帯は?

混雑するのは分かってるけど、ではいつ行けばいいの?って思いますよね。

やはり夏休みの始まる7月第3週目の土日、は混雑します。

そして8月の土日とお盆の日は、大人も休みですし子供も連れて行けますから、混雑は必須ですね。

やっぱり行くなら土日は避けた方がいいでしょう。

やはり夏休み期間中である程度混雑しないのは平日ですね

 

そして次に重要なのは時間帯ですよね!

開園前から到着して開園時間から良い場所を取って遊ぶか、

混雑が落ち着く15時以降から行くかのどちらかがいいでしょう。

開園からお昼まではやはり混雑はすると思いますが、一番最初の開園直後であれば、

だんだん混んでくる感じなので、そんなに混んでいる、という風には思わないんじゃないかと思います。

 

そして15時以降の、日差しが落ち着いてくる時間からですね。

もしかしたら、この時間帯の方が色々移動して楽しめるかもしれません。

今では夕方でも暑いですから15時すぎて水に入っても、寒く感じることはないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

渋滞回避で帰りは楽々!

やはり東京サマーランドへ行くには渋滞を避けたいですよね。

渋滞に巻き込まれて、ようやく着いた時には遊ぶ前にクタクタになってる、なんてことも。

なので東京サマーランドでは、ホームページに渋滞回避のために迂回路を提示しています。

 

それを見ながら行きつつ、注意したいのは駐車場です。

第一駐車場と第二駐車場と二つあるんですが、第二駐車場は遠くて結構歩いてしまいます。

その第二駐車場から無料のシャトルバスが出ていますが、混雑時にはそのバスも並んでしまいます。

なので迂回路を行きつつ、第一駐車場を目指しましょう。

結構早めに行って駐車場に停めていても、混雑時には開園が早くなることがあるので、開演前におトイレへ行くなどして準備しておくと良いと思います。

第一駐車場に停めることが出来れば、帰りも出てから近いですし、スムーズに帰れますよね。

ちなみにバスで来るのも良いですが、車と同じ条件ですから渋滞は避けられません。

もしタクシーを使われる時は、迂回路で行くように運転手さんにお願いするのが良いでしょう。

 

まとめ

せっかくの夏に行く東京サマーランドですから、なるべく混雑しない日時に楽しめるように

事前に色々と調べて行った方がいいですよね。

ぜひ参考にして、思いっきり遊びに行ってほしいと思います。

最初から最後まで笑顔で東京サマーランドで楽しめますように。

<スポンサードリンク>