人気ドラマだった「校閲ガール」が、スペシャルドラマ「地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子」で

一日だけ復活しましたね。

「校閲ガール」大好きなので、もちろん見ました。

そのドラマの中で「校閲ガール」の河野悦子と折原幸人の間を邪魔する?存在として新たに出てきた、

新人編集者の橘花恋。彼女は折原の家に上がり、家事などの手伝いをして河野悦子を悩ませます。

結局、本当に編集者としてサポートしようとしていただけなんですが、

その橘花恋にムカついた視聴者もいるのではないでしょうか。

私は気になって、橘花恋役は誰なのか調べてみると、佐野ひなこさん、という方でした。

ドラマの中で胸を強調されていたのですが、グラビアもされているからなんですね。

そんな佐野ひなこさんを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

 

佐野ひなこのプロフィール

佐野ひなこさんは1994年10月13日の22歳。

ホリプロに所属していて、現在、グラビアモデルだけでなくバラエティタレントや女優としても活躍しています。

https://twitter.com/hinachimuu/status/913921408266158081

最初は読者モデルから始まったようです。

美容室のサロンモデルをしていたときにオファーをもらい、高校3年生まで読者モデルをしたあと、

「ホリプロスカウトキャラバン2012」に最後まで残り、グランプリにはなれませんでしたが、ホリプロに所属することになります。

 

2013年3月に高校を卒業。

なんと事務所から言われて大学へ進学します。

 

さすがホリプロ。

所属タレントの事、ちゃんと考えているんですね。

同年2013年に、「週刊ヤングマガジン」でグラビアデビューします。

 

そして翌年の2014年から、テレビドラマにも多く出演します。

最初は一話とかの出演でしたが、2014年後半には、レギュラー出演をこなしています。

 

調べてみると、意外と多くドラマに出演していますね。

2015年の「デスノート」でミサ役もしているし、女優として結構経験しているのが分かりました。

 

2016年に月9のドラマに初出演し、女優として更に磨きがかかっているようですよ。

モデルとしても順調で、2014年に「ViVi」の専属ビューティ・ミューズになっています。

顔が可愛いだけでなく、スタイルも抜群のようですね!

 

佐野ひなこは将棋好き?

スタイル抜群、顔も可愛い佐野ひなこさんに、将棋好きの噂が流れています。

ちょっと古臭い趣味で、佐野ひなこさんのイメージではないのですが、どうしてこんな噂が流れたのでしょうか。

 

きっかけは今年7月2日に放送された「アッコにおまかせ」だそうです。

ちょうどそのとき、公式戦で29連勝を果たした藤井聡太4段の話題が出て、佐野ひなこさんはその29連勝のときを、リアルタイムで見ていた、と発言したのです。

和田アキ子さんも驚いて、「将棋わかるの?」と聞くと、

山形のおじいちゃんと将棋を指していた」と答えてました。

 

おじいちゃんは山形でも将棋の駒で有名な天童市に住んでいるらしく、将棋を指すことは、おじいちゃんにとっては普通のことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

藤井聡太の四段ブームに便乗ってマジ?

おじいちゃんと将棋を指していたといっても、佐野ひなこさんは東京都出身。

山形へはそうそう何回も行っていたわけではないでしょうから、それで将棋を指していたからといって、将棋好き、とはなりませんよね。

 

佐野ひなこさんとしては、話題だった藤井聡太さんの話を拡げるつもりだったのかもしれませんが、ただ藤井聡太さんのブームに便乗しているだけ、と思われても仕方ありません。

 

小さい頃将棋を習っていた、とかだったら、将棋好き、と思われたように感じます。

ただ本当に便乗するつもりだったのかは、分かりませんけどね。

 

もう少し、考えてバラエティでトークすると炎上、なんてことも起きないのかもしれません。

佐野ひなこさんのお泊りデート発覚のお相手の神木隆之介さんも、将棋はアマ初段の腕前のようですので、神木さんとの関係も暗に匂わせつつ、同じ将棋好きと言いたかったんでしょうか。

 

まとめ

グラビアやモデルだけでなく、女優としても活躍している佐野ひなこさん。

バラエティのトークには批判が多いようですが、経験を積めばよくなってくるのではないでしょうか。

まだ22歳ですもんね。

私としては便乗と言われた将棋好きは許せる範囲でした。

若いんだし、まだまだ頑張ってほしいですよね。

スポンサーリンク