今月16日に結婚を発表した宮沢りえさん。

お相手はオープンな付き合いを報道されていたV6の森田剛さんです。
宮沢りえさんは2016年に実業家の方との離婚していましたよね。

他にも色んな方と噂になった恋多き女性です。
そんな宮沢りえさんを調べてみました。

スポンサーリンク

宮沢りえのプロフィール

宮沢りえさんは1973年4月6日生まれで現在44歳です。

森田剛さんは1979年生まれなので、6歳年上の姉さん女房になりますね。

母親は一時期よく報道されていた「りえママ」で日本人ですが、父親がオランダ人で宮沢りえさんはハーフなんですね。

11歳の頃にモデルとしてデビューします。小さな頃から可愛い顔していましたよね。

デビュー当時、後藤久美子さんと「キットカット」のCMで共演していて、今でもとても仲が良いそうです。

後藤久美子さんも日本人離れしたキレイな顔立ちをしていますよね。
同年代ということもあって、仲が良いだけでなく良きライバルでもあったようです。

1987年に「三井のリハウス」で初代リハウスガールを務めて注目を集めます。
それから、衝撃的だった「ふんどしカレンダー」を17歳で、そしてヘアヌード写真集「Santa Fe」を18歳の時に出し、さらに注目されるようになりました。

当時本当に驚いたのを覚えています。

特に「Santa Fe」は発行部数が155万部とすごい記録です。

1988年に映画「ぼくらの七日間戦争」で主演を演じ、女優デビューし、日本アカデミー賞で新人賞を受賞します。

1990年にはセカンドシングルの「NO TITLIST」がオリコン最高1位を獲り、その年の紅白歌合戦にも初出場します。

まさに10代は勢いよくスターになっていった感じがしますね。

そしてまさに絶頂期に発表されたのが、1992年11月に当時貴花田と呼ばれていた、今の貴乃花親方との婚約でした。

当時貴乃花親方の人気だったので、人気絶頂期の2人の婚約は大きな話題になりました。
ところが翌年の1月には婚約を解消したことを発表しました。

その後激やせし拒食症と噂されたり、男性との交際報道などのバッシングに遭い、一時期芸能活動が休止状態になりました。

あの頃は見るからに痩せていて、見ていてファンでもないのに心配するほどだったのを覚えています。

婚姻解消の傷心した時期にマスコミから色々報道されて、不安定になったんじゃないかと思いますね。

でも休止状態だった芸能活動を徐々に再開します。

2001年、香港映画の「華の愛~遊園驚夢」に主演になり、モスクワ国際映画祭で主演女優賞受賞します。

それ以降、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を、ブルーリボン賞で主演女優賞を受賞し、女優として評価されます。

2009年2月14日に妊娠6ヶ月であることを発表します。その後20日に相手が元プロサーファーの実業家であることが報道され、4月にその人と結婚します。

翌月5月に女の子を出産し、8月には復帰しています。

3年後の2012年に離婚することが報道され、所属事務所が離婚協議中であることを発表します。
2016年3月に正式に離婚したことを発表しています。

その間にも女優として評価される出来事が起きます。
2013年に舞台「おのれナポレオン」のアルヴィーヌ役を、急遽、入院してしまった天海祐希さんの代役として起用されます。


わずか2日間の稽古で、台詞の多いこの役を見事に演じ称賛されました。
この突然の代役を快諾した宮沢りえさんの女優としての力を見せつけられました。
本当に実力のある人なんですね。

2014年に7年ぶりとなる主演で映画「紙の月」に出演し、最優秀女優賞を受賞します。
その2014年は「りえママ」が亡くなっており、一卵性母子と呼ばれた濃密な関係に終止符が打たれました。

一時期は確執もあったようですが、宮沢りえさんが子供を妊娠した時は駆けつけて、妊娠を喜んだそうです。

お互いの間に色々あったようですが、「役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います」と母親の最期にコメントして、公演中だった舞台を休むことなく続けた宮沢りえさんは、母親が希望した芸能人としての姿だったのではないかと思います。

そして2016年11月頃に森田剛さんとの熱愛報道が出ます。
それから1年以上の付き合いを続け、2018年3月に入籍し、結婚を発表します。

宮沢りえの字に変化、字が下手だったけど・・!?

 宮沢りえさんが結婚を発表した時、他に注目を集めたことがありました。
それは宮沢りえさん直筆の署名です。

なぜなら以前の離婚発表の時の宮沢りえさんの直筆の署名は、着物も着こなす宮沢りえさんのイメージとは180度違う、ギャル文字のような字を書いていたんです。

それが衝撃的で覚えていたので、今回の署名にも注目していたんですが、なんとすごく普通になっていました。

ちょっと面影がありますが以前と違っていて、結婚のこともキチンと考えて決められたんだな、と思えますね。
やっぱり字って、それだけで印象が変わります

スポンサーリンク

 

宮沢りえの過去の恋愛は?元彼は誰?

 
 結婚相手である森田剛さんは2016年からお付き合いされていましたが、それ以前には誰と噂になっていたんでしょうか?

過去の恋愛で一番有名な方は、もちろん貴乃花親方です。その時の宮沢りえさんの年齢は19歳でした。

それが最初の熱愛だったようですね。それから次に噂になったのは、ビートたけしさんです。

これは「りえママ」が仕掛けたらしく、噂になっただけで事実ではなさそうです。
なんだか夜にビートたけしさんが泊まっていたホテルに宮沢りえさんが来て、「ママに言われてきた」と言ったそうです。

それって枕営業しに来たってことなんでしょうかね?
ビートたけしさんは「帰りなさい」と言って帰したそうですが、他の方にも同じようなことをしていたんでしょうか。

次に熱愛報道が出たのは、今は亡き中村勘三郎さんです。
中村勘三郎さんは当時も既婚者でしたから、不倫になりますね。

その時、中村勘三郎さんが泊まっていたホテルで、宮沢りえさんは自殺未遂をします。
それだけ追い詰められていたんでしょうかね。

しかし噂になるのは大物ばかりですね。

他にも歌舞伎界では、市川右近さんや市川海老蔵さんとも噂になりました。
他には「DA PUMP」のISSAさん。ISSAさんとのスクープ写真を撮られています。

しかしISSAさんはそのスクープの翌月には他の人と同棲していて、付き合っていたのかは分かりませんね。

中田英寿さんともキス写真が載った熱愛報道がされました。
本当に色んな人と付き合っています。でも、男性たちはみんなプレイボーイと言われる人達ばかりですね。

他には前の旦那である実業家の方やジュエリーデザイナーの方もいるそうです。
本当に恋多き女性であることが分かりますね。

まとめ

 恋多き女性の宮沢りえさんが二度目の結婚をしました。前回のようなできちゃった結婚ではなく、
きちんと考えての結婚であること署名からも窺えました

今度こそ幸せになってほしいですね!

スポンサーリンク