ママカーストという言葉をご存知ですか?

どこにいても集団生活を営む限り、そこには色々な軋轢や微妙な関係などが生まれるものです。

それはお母さんたちの間でも同じなのです・・・

スポンサーリンク

 

ママカーストとは?

ママカーストとは何か、あなたは知っていますか?

ママカーストとは、収入(旦那さんの職種や共働きかどうか)や、お子さんの能力(学歴やおけいこの表彰歴など)のレベルによって階級が決まるもので、ママ友達同士の中で誰が上か下かなど値踏みしあうことを指すようです。

一番わかりやすい例としては、バッグや洋服など身に着けるものや車がどの程度のランクかでお母さんの間の上下関係が決まると言います。

一部のママさんは見栄を張って身の丈に合わないブランド物を身に着け上位に位置しようとする人もいるのだとか。

ママカーストって何?

「ママカーストってそんなに重要なの?」と傍から見れば疑問に思ってしまいますよね。

でも、私の学生時代を思い出してみると、有名人と同じ高いブランド服を着ていたり、有名な美容院に行った等の話をすると人気者(カースト上位)になれる学校カーストなんてものもあり、カースト上位の人に憧れたものです。

そう考えると、ママカーストは学校カーストの延長線上のもの。

というか、人間の習性なのかも知れませんね。

    

スポンサーリンク
 

 

ママカーストで夫が年収800万ってどう?1000万ないといじめられる?

夫の年収が800万円だとママカーストでいじめられるという「都市伝説」があります。

800万円に固執しないまでも、ママカーストでの重要判断ポイントが旦那さんの収入や職業であることは前述しましたが、「低収入だといじめられてしまうの?」など不安を抱えている方もいるでしょう。

私も不毛だとは思いますが、知らず知らずのうちに悲しいかな年収で差別する人は存在するようです。

しかし、冷静に考えてみてください。

年収1000万を超える収入の人が日本にどれだけいるでしょうか?

不況のいま、若い人は800万稼ぐことすら大変な世の中です。

ママカーストでいじめられるから夫の年収を嘆く必要なんて無いんです!

ママカーストで夫が年収800万ってどうですか?

カースト上位でなければいじめられてしまうなら、日本のほとんどのママさん達がいじめの対象になってしまうことになります。

(というか年収800万でいじめられるママカーストって一体・・・・ドラマかな?)

そんな風に考えるとちょっとほっとしませんか?

そう、カーストなんて気にしない人たちも居るということが分かると思います。

堅実に質素に暮らしている人たちはカーストなんかに縛られず己の道を貫いています。

最低限のあいさつなど、マナーを守っていればそうそういじめのターゲットにされることはないでしょう。

ママカーストを完全否定はしませんが、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

 

夫が医者や公務員、共働きとかでママカーストが変わってくるって本当?

さて、ママカーストの順位に話を戻しましょう。

素晴らしい肩書を持った男性は魅力的なものです。

やはり、ママカーストにおいても旦那さんの職業は重要なようで、ピラミッドの頂点に来るのは医師などのわかりやすい権威ある職業が多いようです。他には公務員なんかも良いらしいですね。

共働きともなると、ピラミッドの下のほうになってしまいます。

 

カーストに縛られると嫉妬の感情もわいてきますし、苦しいものです。

しかし、前節で述べましたように、ママカーストの上下関係など気にしないような人とママ友達になり、あなた自身が気にしない人になって周りの空気をかえる勇気を持てば、きっとママ友達との円滑な関係が築けるようになるはずです。

あなたは子供じゃなくてもう立派なママなんだから、小学校や中学校みたいな事は卒業しましょう!

ママカーストなんて体裁は気にせず家庭に愛情の注げる素敵なママさんが一人でも増えることを祈ります。

スポンサーリンク