八角理事長の再任や貴乃花親方の降格処分など、まだまだ収まりそうにない相撲協会ですが、
注目されているのは貴乃花親方の言動だけではありません。色々個性的な人がでてきていますよね。

その中でも特に発言などが注目されているのが日本相撲協会の池坊保子議長です。
私はこの問題が出るまで池坊保子議長のことを全く知らなかったので調べてみました。

スポンサーリンク

池坊保子のプロフィール

 池坊保子さんは1942年4月18日生まれで、現在75歳です。
迫力のある75歳ですよね。年齢を考えると、とても奇麗なんだな、と思います。

やはりお嬢様のようですね。子爵の梅溪通虎氏の三女として産まれます。
なんと現在の天皇の再従妹に当たるそうですよ。

学校はもちろん学習院で、大学まで通っていたそうですが、大学は結婚のため中退したようですね。
昔は結婚が決まると高校でも中退していたようですから、時代なんでしょうね。

その結婚相手は、華道池坊の家元である池坊専永氏です。
結婚したのは1963年ですから、21歳の時ですね。若くして家元の奥さんになったんですね。

羨ましいと思うより、大変そうな感じです。
そんな中でも本を出していました。

1972年から2012年まで小説家としても活躍していたようですね。
そして子供は女の子が二人で、長女は4代目池坊専好になっています。

夫である専永氏を支えていましたが、1996年には衆議院総選挙に立候補して初当選しています。
しかし2012年に引退を表明し議員生活を終えます。

議員時代には文部科学部門で活躍し、文部科学副大臣に任命されたこともある実力者でした。
なんとなく見たことある人だなと思ったのは、副大臣に任命されてテレビで見たことがあったからかもしれません。

その後、次女である池坊美香さんが参議院総選挙に立候補しますが、池坊保子さんの指示する政党と違っていたため、「親子といえども別の人格」と娘の美香さんが自分の後を継ぐわけではないこと語っています。

娘の美香さんを応援するのではないところが、池坊保子さんらしいのかもしれませんね。
池坊保子さんが支持していのは公明党です。

公明党というと創価学会の学会の会員の人が多いのですが、珍しく池坊保子さんは学会の会員ではなく公明党を支持してはいても宗教とは係わりがないようです。

そして今注目されている日本相撲協会の議長に就任したのは2014年でした。

ビートたけしとバトル?議論が白熱

 相撲協会の暴力問題についてビートたけしさんの出演している「TVタックル」に池坊保子さんが昨年12月に出ました。

その時にビートたけしさんとかなり白熱した議論をしたようですね。

暴力事件だけではなく、ビートたけしさんは池坊保子さんが就任している「評議委員」についても、
「色んな組織を自分たちの責任逃れで作っているのではないか」と苦言を呈すと、池坊保子さんは「国が決めたことで、相撲協会が作った組織ではないから責任逃れの組織ではない」と反論。

それに対しても「国が作る必要のないものだ」と返して、一歩も引かない議論を展開しました。

また暴力問題に対しても、池坊保子さんの「相撲協会に報告しなかった貴乃花親方は、責任を問われる可能性がある」というセリフに対して、ビートたけしさんは相撲協会のその報告のルール自体を疑問視しました。

なんだかもう、暴力云々の問題ではなくて、それを隠そうとしていたかもしれない相撲協会のあり方や、
見ていても変わりそうにない相撲協会の人たちの態度に対して、見ている人たちは違和感を感じていたと思うんですが、それを代わりに言ってくれた感じがしました。

この時はまだ暴力問題でしたが、その後の貴乃花親方の降格処分の際の他の親方の会見なども、
きっと相撲協会は変わる気がないんだろうな、と思わせるものでしたもんね。

珍しくビートたけしさんが怒っていたような感じだったのも分かる気がします。

スポンサーリンク

42歳でモデル?!スキャンダルって何?色んな過去のある池坊保子

 お嬢様として育ってきた池坊保子さんですが、42歳の時になぜか「ペントハウス」という雑誌に
モデルとして写っています。しかも普通のモデルではなくて、セミヌードも載せている雑誌だったので、
過激なものもあったそうです。

一体どういう心境だったんでしょうか。子供もいるのに、普通の人であればそういう写真は撮らせないんじゃないかなと思うんですが。写真集でも出したかったんでしょうかね。

夫の池坊専永さんとも離婚の危機があったようです。
子供の家庭教師と不倫していた現場を池坊専永さんに見られたといういうんです。

そんなスキャンダルもある方なんですね。今も離婚されていないようですので、その不倫は許されたんでしょうか。
他にも「日本漢字能力検定協会」でも背任容疑で大久保親子の後任として理事長に就任しましたが、右翼による怪文書や街宣車が回り、運営方法での対立もあり1年もしないうちに解任されています。

本当に色々している人なんですね。良くも悪くも情熱的な人なんでしょうね。

まとめ

 この相撲協会の問題でよく見かけるようになった池坊保子さんですが、
過去にも色んな事で話題になっている方でした。

あまり好かれている方ではないようですが、まだまだ騒がせてくれそうです。
しかしやはりみんなの声を聞いて、その力強い性格で相撲協会を良い方に改革してほしいですね。

スポンサーリンク